お手上げの社員

会社への残業代請求には時効があります

勤めていた会社、あるいは現在勤めている会社において、残業代が支払われていない場合にはその請求が可能です。この残業代請求をするためには覚えておきたいポイントがいくつかありますのでご紹介します。何より知っておきたいことは、残業代請求には時効があるということです。その期間は労働基準法で定められており、2年となっています。在職中の方も既に退社して請求を検討している方も、2年過ぎた分は対象にならないことを覚えておきましょう。
未払いの残業代を請求できることを知ったら、請求できる対象かどうか確かめて早目に動くことが大切になってきます。そしてこの請求においては、残業代が支払われるための条件も知っておく必要があります。具体的には1日の労働が8時間を超えた労働、または1週間での労働が40時間を超えている労働について、会社は残業代を支払う必要があることになっています。また深夜や休日の労働に対して、割増の賃金が支払われていない場合も一般的に対象となっています。
そして残業代請求を行う場合は、それを証明するタイムカードや出勤簿などの証拠が必要になってきますので、その点も頭に入れておきましょう。条件が揃えば残業代請求を会社に行うことは可能ですが、もし自分で請求することに悩んだら法律事務所に相談してみましょう。

RECOMMENDED NEWS

  • 残業代請求は個人で行うのではなく法律事務所に依頼しよう

    残業代が発生する条件を満たしていながら、企業側が様々な理由をつけて残業代を支払わないという状況が続いている場合は、残業代請求を行うことがおすすめです。所定労働時間を超えて働いた場合、残業代が支払…

    もっと読む
  • 会社への残業代請求には時効があります

    勤めていた会社、あるいは現在勤めている会社において、残業代が支払われていない場合にはその請求が可能です。この残業代請求をするためには覚えておきたいポイントがいくつかありますのでご紹介します。何よ…

    もっと読む
  • 残業代請求は自分でできる?困ったら法律事務所に相談してみよう

    ビジネスや家庭内でのトラブルが発生した場合、その解決にあたって揉めてしまった場合やお困りの場合は法律事務所に相談するという方法があります。弁護士があなたの代理人となり交渉や請求を行ってくれるため…

    もっと読む
  • 残業代請求を行う場合のステップとは

    会社を辞めてからでも、未払いの残業代がある場合は請求できます。しかし「残業代を払って欲しい」と言えば済む話ではなく、残業代請求を行うための準備を整えて適切な流れで請求する必要があります。自分でで…

    もっと読む
サイトマップ
TOP