お手上げの社員

残業代請求を行う場合のステップとは

会社を辞めてからでも、未払いの残業代がある場合は請求できます。しかし「残業代を払って欲しい」と言えば済む話ではなく、残業代請求を行うための準備を整えて適切な流れで請求する必要があります。自分でできない場合には法律事務所に相談することも可能ですが、その場合も残業代請求の流れを知っておく必要がありますから、今回はそのステップをご紹介します。
最初に行いたいことは、残業の定義を知ることと、どれくらい未払いの残業代があるかを知ることです。週40時間以上の労働、または1日8時間以上の労働が残業の定義になっています。この基本を元に、請求したい残業代がおおよそどれくらいになるのか計算してみましょう。また残業代請求は時効があり、2年以上に経った分に関しては請求できませんので気をつけましょう。
次は、実際に残業請求を行う場合の基本的なステップです。会社に未払い残業があることを証明するためには、それを裏付けるものの準備が必要です。労働時間が分かるタイムカードや勤怠管理表、労働時間が記載された給与明細などを準備します。それらを元に交渉時に必要となる、請求する残業代の金額を出しておきましょう。これらの準備を行ってから、会社と話し合うステップが大まかな流れです。

RECOMMENDED NEWS

  • 残業代請求は個人で行うのではなく法律事務所に依頼しよう

    残業代が発生する条件を満たしていながら、企業側が様々な理由をつけて残業代を支払わないという状況が続いている場合は、残業代請求を行うことがおすすめです。所定労働時間を超えて働いた場合、残業代が支払…

    もっと読む
  • 会社への残業代請求には時効があります

    勤めていた会社、あるいは現在勤めている会社において、残業代が支払われていない場合にはその請求が可能です。この残業代請求をするためには覚えておきたいポイントがいくつかありますのでご紹介します。何よ…

    もっと読む
  • 残業代請求は自分でできる?困ったら法律事務所に相談してみよう

    ビジネスや家庭内でのトラブルが発生した場合、その解決にあたって揉めてしまった場合やお困りの場合は法律事務所に相談するという方法があります。弁護士があなたの代理人となり交渉や請求を行ってくれるため…

    もっと読む
  • 残業代請求を行う場合のステップとは

    会社を辞めてからでも、未払いの残業代がある場合は請求できます。しかし「残業代を払って欲しい」と言えば済む話ではなく、残業代請求を行うための準備を整えて適切な流れで請求する必要があります。自分でで…

    もっと読む
サイトマップ
TOP